花のち晴れ 第二話

花のち晴れ 第二話

概要


 英徳学園に通う元お嬢様で“隠れ庶民”の女子高生・江戸川音(杉咲花)は、学園のカリスマ的存在、神楽木晴(平野紫耀)率いる“C5シーファイブ”の庶民狩りに怯える日々を送っていた。ところが、アルバイト先のコンビニで晴に遭遇したことから、運命は一転。晴が実は“ヘタレ男子”だったことを知る。
一方、晴は音に出会ったことで胸の奥がざわつく毎日。いつもと様子が違う晴を面白がるC5の面々だったが、愛莉(今田美桜)だけはその原因が気になって仕方ない。
そんな中、晴は音をデートに誘う。何か裏があるのでは?と疑う音と鈍感な晴の会話は少しずつ食い違い、やがて二人は英徳学園伝説の四人組“F4エフフォー”のリーダー・道明寺司の家へとたどり着く。そこで道明寺家のメイド頭・タマ(佐々木すみ江)に会った晴は嬉しさのあまり、道明寺への憧れと英徳への決意を熱く語る。そんな晴を前にした音は、自分が英徳に“隠れ庶民”のまま通い続ける本当の理由を伝えるのだが…。
この告白に晴の心は大混乱、その場に崩れ落ちてしまう。
音の婚約者が馳天馬(中川大志)だと知った晴は、C5と共に桃乃園学院に潜入!英徳に迫る勢いの桃乃園学院とはいったいどんな高校なのか?  しかし、本当の目的は会長の馳天馬を探ることだった。文武両道、完璧な生徒会長の天馬と晴の対面の行方は果たして…!?


感想


お話は第二話へ。

晴と天馬が音を挟んで会話をするところからスタート。
月に1度、天馬の継母から送られてくるデートのためのお洋服たち。
全部Dior( ;∀;)かわいぃぃぃ。
音のお母さんが試着してて「私だって息抜きしたかったのっ」て。そっちも可愛いw

「晴を追い詰めて脅迫してる女」を探してるアイリ。手段を選ばないタイプだなぁ~。

晴は音を自分に惚れさせるために次世代パンケーキを誘う。
お礼を強要させるシーン、よかった(笑)

晴はパンケーキの店を買い取り(予想できてたw)パンケーキデートに。
パンケーキ食べる音ちゃん、、、さすがに美味しそうに食べるなぁ~(笑)

道明寺家の門に2人で行くことに。門で話してると、すると1人のおばあちゃんが。
メイド頭のタマ(‘Д’)!! 懐かしい~~!
道明寺への気持ちや英徳への思いを音に素直に話している姿をみた音は、自分がなぜ英徳に居続けなければいけないのかを話す。
天馬との婚約の条件は18歳までいることが条件だと話す。
それを聞いた晴は心と裏腹に、音に酷いことを言ってしまう。
晴は「私のしょーもない人生にあなたは1ミリも関係ないでしょ」と言われてしまう。そして晴倒れる(笑)

倒れた晴を家まで届けたのが道明寺の秘書、西田(‘Д’)デター!
じわじわ出すよね~(笑

晴は父親から「常に完璧でいろ」と言われ続けてきた。
それに幼少から悩み続けていた晴。(ここらへんで、あ~そうか、音がこれに言葉をかけるんだな~)

日曜日。天馬とデート。完璧で優しい天馬に音はいつも好きで憧れていたけど、今の自分と比較してしまい自分のちっぽけさに落ち込んでいた。
天馬といるときの音が苦しそうに見えるww

桃乃園へ潜入したC5は天馬が築いてきた学園の凄さに圧倒される。
天馬と晴、バッチバチ~~~!!!

落ち込む晴は気付いたら音のバイト先に。
紺野の部屋でご飯を食べることになり、音が手作りした料理を食べた晴は美味い!!とモリモリ食べる。
それを見た音は少し気持ちが楽になる。。

音は晴といる時はとっても楽そうだな~ 気を遣わずに色々話せる相手ってだいぶ大切だよね~ん

てかwwww紺野さんwwww
大好きすぎるwww 「え??ファスティング!?美意識たか~い!!」ふいたw
あんまり物事を重たく考えない、明るい紺野さん最高(笑)
何歳の設定なんだろう。一人暮らしのフリーターで高校生とも気兼ねなく話せて家に招き入れられる、、、
20歳?とかか?家にチューハイしかないってw ほんと友達になりたいw

帰り道、音は晴に自分のこれまでの経緯や天馬に対する気持ちを素直に話す。

音は晴に「完璧じゃなくてもいいんだよ」

晴は心の中にあったモヤモヤが少し溶けた感じ。
そこで自分は音に恋をしてると実感した。

ん~~~歩みよるね~~~ なかなかいい感じに近付いてる気がする。
次の日の学校で、アイリが学校中の生徒に「江戸川音は隠れ庶民だ」というメールを送る。

さ~ 晴は次回どうやってかばうんだ~~